Aptana Studioメモ

最終更新日:2010/06/26

このサイトの概要

CoolWebWindowの管理人はホームページ制作にAptana Studioを利用しているのですが、よく設定方法を忘れるので、ここにメモをしておくことにします。

スタイルは気が向いたら設定します。あとあまりにもファイルが肥大するようならCMS化も考えますが多分そこまではいかないと思います。静的なHTMLファイルが好きです。ソースコード書いてる!って気分になるので(笑)

使用しているAptana Studioのバージョン

2009年3月にAptana Studio 1.2をインストール。

2010年6月現在、Aptana Studio beta3がリリースされています。

インストール方法は以下を参考。
ホームページ制作用にAptana Studioを導入してみた [Cool Web Window]

Aptana Studioの基本機能

Aptana Studio 設定あれこれ

tabキーを押すと、半角スペースに変換されるようにする

最初にインデントをtabでするか半角スペースにするか決めておくのがベストです。

設定方法

ウィンドウ>設定>一般>Aptana>エディターからコンパネを開く

コンパネ
これのタブ挿入のところを変更。1タブに対しての空白スペースの数(幅)は、横の「編集」から変更できる。

参考

タブを半角スペースに置き換える

他で編集されたファイルを開く場合など、インデントがタブになっている場合があります。これを半角スペースに置き換えるのには、まあ「置換」を使えばよいのですが、ちゃんと変換してくれる機能があります。

スクリプト>エディター>先頭のタブをスペースに

また、スペースで記述してたのをタブに直したいときは、

スクリプト>エディター>先頭のスペースをタブに

エンコードの設定

ファイルのエンコードがほとんど同じなら最初から使うエンコードでファイルを開いたり保存されるようにしておくと文字化けせずに便利です。

ウィンドウ>設定>一般>ワークスペース

コンパネ
テキスト・ファイル・エンコードをその他にチェックして、リストから使うエンコードを選びます。リストにないエンコードを使いたい場合は直接記述すると適用されます。HTMLファイルはUTF-8が主なので、UTF-8で開いて保存されるようにしています。

エンコードの設定(ファイルを開いた後に変更する場合)

設定したエンコードと異なるファイルを開くときや、保存しなおす場合があると思います。

編集>エンコードの設定

コンパネ
その他にチェックして、リストからエンコードを選びます。リストにないエンコードを使いたい場合は直接記述すると適用されます。