擬似フレームを作る

|

最近ではframeタグを使用するのは、SEO的にもよくないと言われ、あまりフレームを使ったサイトを見なくなりました。しかし、フレームは使いようによってはとても便利です。別ファイルを読み込んでいるわけではないのですが、スクロールしてコンテンツが表示される方法を紹介します。

ポイントは、表示領域を指定して、それ以上コンテンツがはみ出したらoverflowでスクロールを出すようにすることです。

(X)HTMLコード

<div id="contents">
ここにスクロールして表示される内容を記述します。
<div>

CSSコード

div#contents {
   width:400px;
   height:350px;
   overflow:auto;
}

サンプルはこちらをご覧ください。

このページに関連する記事

CSSの小技に関する記事(53)

参考サイト

お勧めCSS教本

Powered by Movable Type 4.21-ja

最近のブログ記事