top > ホームページの作り方 > 1日目 ホームページを作る目的を明確にする

1日目 ホームページを作る目的を明確にする

まず、紙とペンを用意しましょう。以下のことについて思いつくままでよいので、紙に書いていきます。

  1. ホームページを作る目的
  2. 何を発信したいか?
  3. ターゲットを絞る

ホームページを作る目的

ホームページを作ろうと思ったきっかけは何ですか?それをしっかりと明確化します。

  • 最近開業したので、地域住民に存在をアピールしたい
  • 趣味で手作りしている服をネットで売りたい
  • 店舗で売っている商品をホームページで紹介したい

などなど人によってもホームページを作ろうと思ったきっかけは様々です。この気持ちにぶれないようにホームページを作っていくことが大切です。これを軸に様々な要素を肉付けしてホームページを完成させていきましょう。

私が当サイトを作ろうと思ったきっかけ

元々CSSテンプレートを無料で配布するサイトをやっていましたが、初心者でホームページを作る人が多いことを知りました。その人たちのために、もっと役に立てればと思ったのがきっかけです。
本当は、こういうホームページ作成講座はすでにたくさんあって、私が作る必要もないと思っていましたが、よくある「○○日で作るホームページ作成講座」は情報が古い!CSSベースのホームページの作り方というのがあまりないと感じたためです。
また、ホームページを作る上で大切なのは、「なぜホームページを作りたいかと思ったか」という動機です。そこを整理してホームページを作るという基本的なことを説明しているサイトはあまりないような気がしました。(Webデザイナー向けの書籍にはよく書いてあることなんですけどね。)
そのため、2009年から運営しているこのWebサイトですが、この業界は次々と新しい情報や技術が出てくるので、最低年1回は、その時期に見合った内容にするためにページを更新しています。

何を発信したいか?

先ほどの「肉付け」の部分になります。ホームページを作る目的を達成するためには、何が必要か考えます。

例えば、趣味で手作りしている服をネットで売りたい場合、

  • 商品の紹介
  • 商品の製作者プロフィール
  • 特定商取引に関する法律に基づく表記
  • お問い合わせフォーム、あるいは決済システムの導入

などをホームページに掲載する必要があります。

当サイトで発信したいもの

  • 「ホームページ作成は手段であって目的ではない」という認識
  • CSSベースのテンプレートの作り方
  • ホームページは更新が大事!更新しやすいサイトの運営方法の紹介
  • ホームページ制作のノウハウ

ターゲットを絞る

ホームページを見てもらいたい人をある程度決めます。ホームページの内容で粗方、見てもらいたい人って決まってくるとは思います。
上記の例の続きで、趣味で手作りしている服をネットで売りたい場合、ハンドメイドで女性物の服を売るとすれば、ターゲットは「女性」「ナチュラルテイストが好き」「20代~40代」といった人物像が浮かんできます。

ターゲットを決めると、後々ホームページを作る際の参考になりますし、SEO対策にも役立ちます。

当サイトのターゲット

  • ホームページを作るのが初心者
  • ホームページを作る流れを学びたい人
  • ホームページ作りのノウハウを知りたい人


ホームページを設計する上で、以下のサイトの記事は非常に役に立ちます。WebデザイナーさんがWebサイトを制作するときのフローですが、もちろん、初心者の方がWebサイトを制作するのにも必要な知識です。

ステップアップ!当サイトのコラム

Webサイトを制作する際のフローをまとめたページです。ご参考ください。

ページの最終更新日:2015.08.16

※当サイトではWebサイトのことを、一般的な通称の「サイト」、「ホームページ」、「HP」などと表記しておりますが全て同一のことです。


« トップページへ戻る
↑ ページのトップへ戻る