top > コラム > ホームページ制作 > エラーページをカスタマイズしよう

エラーページをカスタマイズしよう

ホームページを作っていて、忘れがちなのが、「エラーページ」の存在です。
このエラーページは、ファイルが存在しない場合やアクセス権がない場合などに表示されるページです。

主なエラーは以下のとおりです。

401 Unauthorized
パスワード制限のかかっているページで、正しく認証できない場合に表示される
403 Forbidden
パーミッションの設定が間違っていたりしてアクセス権がない場合に表示される
404 Not Found
リクエストされたページがサーバ上に存在しない場合に表示される
500 Internal Server Error
CGIのエラーや「.htaccess」の設定ミスがある場合に表示される

何も手を加えていない場合は、普通はレンタルサーバが用意したエラーページが出ます。
しかし、このエラーページはあまりにも味気ないものです。

エラーページは作成することができます。

手順としては、

  1. エラーページを作成
  2. 「.htaccess」ファイルを作成

1.エラーページを作成

エラーページは、エラーページであることがわかると同時に、サイトのナビゲーションページである必要があります。リンク先がないと、閲覧者は必ずブラウザのタブ(あるいはウィンドウ)を閉じてしまい、せっかく訪問してくれてもみすみす逃すことになってしまいます。
最も簡単な方法は、トップページへのリンクをつけることです。
できれば、サイトマップのようなページにするのが好ましいでしょう。

ちなみに、当サイトのエラーページはこちら。非常にシンプルです。

2..htaccessファイルを作成

エラーページを、エラーのときに表示させるにはサーバの設定を変更しなければなりません。
普通はサーバはレンタルしたものであり、サーバの設定を自由に変更することはできません。
しかし、サーバの設定を直接操作しなくても、.htaccessファイルというものを設置することで、同義のことができるようになります。

新規に「htaccess.txt」というファイル名でファイルを作ります。
その中は、例えば以下のように記述します。
これは、403エラー(アクセス権がない)場合に、「http://www.example.com/error.html」というファイルを表示するという設定になります。

ErrorDocument 401 http://www.example.com/error.html
ErrorDocument 403 http://www.example.com/error.html
ErrorDocument 404 http://www.example.com/error.html
ErrorDocument 500 http://www.example.com/error.html

この「htaccess.txt」をサーバにASCII転送モードでアップした後、「.htaccess」という名前に変更(リネーム)します。
これは、Windowsの環境では、「.htaccess」というファイル名のファイルを保存できないからです。

ホームページ制作カテゴリの最新記事

目次

※当サイトではWebサイトのことを、一般的な通称の「サイト」、「ホームページ」、「HP」などと表記しておりますが全て同一のことです。


« トップページへ戻る
↑ ページのトップへ戻る