top > コラム > アクセスアップ・SEO > 初心者だからこそやって欲しいSEO対策の基礎

初心者だからこそやって欲しいSEO対策の基礎

せっかくホームページを作ったのに誰もアクセスしてくれなかったら寂しすぎますよね。アクセス数を増やすためには、いくつか方法がありますが、今回はGoogleやYahoo!の検索エンジンからアクセスしてくれるための対策、つまりSEO(サーチエンジン最適化)について紹介します。

ちなみに、2012年5月現在は、Yahoo!もGoogleの検索アルゴリズムを使用しているため、Google向けのSEO対策をすれば、必然的にYahoo!のSEO対策にもつながります。

1.Googleアナリティクスに登録する

アクセス数を増やすためには、アクセス数を知る必要があります。そのためには、アクセス数解析ソフトが必要です。それがGoogleアナリティクスです。

Google アナリティクスを利用するには、Googleアカウントが必要ですが、すでに個人で持っている場合でも、商用サイトにGoogle アナリティクスを導入する際は、新規に専用のアカウントを作成しましょう。

Google アナリティクスの導入方法・操作方法はここでは割愛します。以下のGoogle アナリティクスヘルプページをご参考ください。

※必ず、自宅や会社のIPアドレスをフィルターをかけて、自分でアクセスした際にカウントされないように設定してください。そうしないと、正しい解析ができないので。
アナリティクス設定>プロファイル>フィルタで設定できます。

2.Googleウェブマスターツールに登録する

サイトのSEOを最適化するために、Googleウェブマスターツールに登録しましょう。使いどころがなかなか難しいのでホームページ制作初心者には理解し難いツールだと思いますが、ひとつだけ便利な点を紹介します。

検索クエリという項目があるのですが、それは何かと言うと、キーワードの表示回数とサイトへのクリック数、CTR(1,000回表示された内何回クリックされたという指標)、平均掲載順位が表示されます。
これで、例えば、アクセス数が少ない理由が、検索数が少ないのか、それとも掲載順位が少ないのかがある程度ですがわかります。

3.サイトのSEO対策ができているか確認する

とりあえず、どんなSEO対策をして良いのかわからないと思いますので、現状のホームページがどのくらいSEO対策ができているかをまずは見ます。

当サイトでも紹介しているフェレットプラス(FerretPLUS)というサイトの新しいサービスです。会員登録が必要ですが、かなり詳しくわかります。対策状況のマルバツボタンをクリックするとどのようにすればSEO対策になるかがわかります。

当サイトの例です。クリックすると一覧の画像が表示されます。

4.SEO対策を行う

基本的には、上記のSEOスカウターβ版を利用して、重要度が必須のところをクリアしていけば、基本的なSEO対策はOKです。

4-1.検索キーワードを決める

まずは検索キーワードを決めます。人気のあるキーワードだとどんなにSEO対策を行なっても上位に来ることは困難です。また、逆に全く人気のないキーワードを設定してしまうとアクセス数が伸びません。そこで、キーワードが月間どのくらいの検索数なのかを知る必要があります。以下のサービスを利用します。

1単語のキーワードで上位を狙うことが難しい場合は、2~3単語を組み合わせるのも手です。

4-2.検索キーワードをtitleタグ、descriptionタグに記述する

titleタグとdescriptionタグの文章は、検索する際に表示されるので必ずキーワードを入れるようにしてください。

4-3.検索キーワードを1ページ内の5~10%占める割合で記述する

テキスト中に検索キーワードを5~10%占めるようにするのは結構大変ですが、できるだけ文章中に入れるようにしてください。

キーワードがページ中にどのくらいの割合で記述されているかを見るには以下のツールを利用します。

アクセスアップ・SEOカテゴリの最新記事

目次

※当サイトではWebサイトのことを、一般的な通称の「サイト」、「ホームページ」、「HP」などと表記しておりますが全て同一のことです。


« トップページへ戻る
↑ ページのトップへ戻る