配布テンプレートについて

動作環境

テンプレート制作時の各ブラウザの最新バージョンで確認しています。テンプレートごとに異なるので、詳細は配布ページをご覧になってください。
IE6の動作確認は、現在行っておりません。過去に制作したものに関してはその時点でIETester Browser Sandboxというサービスを利用しております。(スタンドアローン版になりますので、実環境とは若干異なる場合があるかもしれません。)
IE7~10の動作確認は、IE11の開発ツールを利用しています。

FirefoxとGoogle Chromeは2014年現在、メジャーバージョンのリリースの頻度が激しいので、とりあえず、CSSテンプレートを作成した時点での最新バージョンで動作確認を行っております。

MacOSでの動作確認は現在しておりませんのでご了承ください。

HTMLコーディング

当サイトで作成しているHTMLのDTD※(Document Type Definition:文書型定義)のバージョンはXHTML1.0 Transitionalです。
※DTDが違うと、使用できるHTMLタグが異なったり、同じソースコードを書いても表示の仕方(見た目)が異なります。詳しくはインターネットで調べてください。

本来、XHTMLではXML宣言を文書の先頭(DOCTYPE宣言の前)に記述しなければなりません。
しかし、IE6ではXML宣言を理解できず、DOCTYPE宣言の前に不正なものがあると判断し、互換モードで表示されてしまうという欠点があります。
それが、デザインくずれが発生してしまう要因となるのです。
よって、web標準に準拠するため、あえてXML宣言を記述していません
文字エンコーディングがUTF-8の場合、XML宣言を省略できることが仕様で定義されていますので、文字エンコーディングをUTF-8(BOMなし)にしています。

デザインテンプレートを配布する際には、W3CHTML ValidatorおよびCSS Validatorにて、コードのチェックを行っています。
Another HTML-lint gatewayでもたまにチェックしていますが、満点になることは狙っていません。
CSSハックなどを使用している場合があるので、CSSがVaildではないテンプレートもあります。

文字エンコーディング

HTMLファイルおよびCSSファイルは「UTF-8(BOMなし)」で保存しています。UTF-8には「BOM付き」と「BOMなし」の2種類がありますが、必ず「BOMなし」を使用してください。

他の文字エンコーディングを使用される方は、適宜環境にあった文字エンコードでファイルを再保存してください。

ダウンロード方法

当サイトのテンプレートはzip形式で圧縮しています。
解凍するには専用の解凍ツールが必要となります。
Lhaplusは無料で配布されているものですので、お持ちでない方はインストールしてみてください。(windows 7以降のOSには、元から圧縮・解凍の機能がついています。zipファイルをダブルクリックすれば解凍できます。)

top

ホームページ作成に役立つコーナー