ホームページを発注・受注する際に考えること

linkerさんの「Web担当者Forum × CSS Nite実践ワークショップ」の
参加レポートを読みました。非常に興味深かったです。
ふと思ったことをつらつらと。

Web担当者Forum × CSS Nite「実践ワークショップ」参加レポート|linker journal|linker

こうやってみると、コーポレートサイトひとつ制作するにしてもかなり考えることがありますね。

まず私がホームページを作る際に考えることは、

  1. クライアント(発注者)の仕事を理解する
  2. 誰のためのホームページなのか?
  3. ゴールは何か?
  4. クライアント(発注者)が理解して更新ができるか?

そして、そのためには、

「こちらから積極的に提案する」

ということです。

1.クライアント(発注者)の仕事を理解する

一番最初にすることは、クライアント(発注者)が何屋さんなのか、どんな仕事しているのかを理解することです。どのような問題点を抱え、ホームページでどのようなことを解決したいのか、詳しくヒアリングします。

2.誰のためのホームページなのか?

誰に、作ったホームページを見てもらいたいのか?BtoBビジネスなのか?BtoCビジネスなのか?それによってもサイト構成など大きく変わってきます。

3.ゴールは何か?

ホームページにゴールっていうものはないのですが、どうなったら成功と言えるのか?ということです。ホームページのページビューがいくら超えたら、あるいは売り上げがいくらあったら費用対効果があったと言えるのか?

ホームページというのは存在したらそれでいいわけではなくて、常に最新の情報を提供していかないといけないし、更新していかなければ機能してないと思います。

ビジネスでやっているわけですから、それなりの効果がなければ作っている意味はありません。

4.クライアント(発注者)が理解して更新ができるか?

特に個人商店や小企業のホームページというのは、最終的にクライアントが更新していかないといけません。

保守を依頼する場合などコードをいじらないにせよ、今後どのように更新していくかはクライアントが決めることであり、現行のホームページがどのような内容になっているか把握してもらわなくてはいけません。

また、ショッピングカートを導入する場合、商品の受注・管理はクライアント側でしなければならないし、売れ筋や時期によって売れる傾向などは、クライアントしか知りません。

だからこそ、難しいプログラミングは組まないようにしています。

例えば、blogをやりたい!と言われても、もちろんWordPressなど導入すればかなり融通の利いたデザインにもなるのですが、クライアントがそれを使いこなせるかというと疑問です。CMSはとても便利なのですが、初心者にとってはかなり敷居の高いものです。

そのため、blogツールを導入する場合もレンタルサーバのオプションについているものなどを勧めます。

これなら、blogだけで独立しているので、間違ってプログラム部分を消すこともないし、なりよりblogの更新がとてもしやすいつくりになっています。

こちらから積極的に提案する

クライアントがホームページの制作依頼をする際、クライアント自身、どのようなホームページにしたいのかはっきりとしたイメージがない場合が多いです。

こちらから積極的に提案していかないと、ホームページ制作そのものが頓挫してしまうこともあります。

あと納期は決まっているのに、全然話が進まなくて、ぎりぎりになって死ぬ思いをしてしまう場合もあります。

だからこそ、こちらから提案していって、信頼を勝ち取る必要があります。

ホームページを制作していく上で考えることはまだまだあるのですが、とりあえず思いついたことを書いてみました。

余談ですが、ワークショップでは付箋方式が使われたようで、これはとてもよい方法だと思います。一言で書かないといけないから簡潔なわかりやすい文章になるし、ぺたぺた張りなおしができるし、頭の中を整理するにはとても効率が良いと思います。

私も以前の記事(非ウェブデザイナーが自社/商用サイトを作るときのポイント)で書きましたが、付箋方法は特にパソコンに慣れていない人に便利です。

おすすめな方法は、ホームページに出したい情報を、付箋紙のような小さな紙1枚につき1つだけ書いて並べてみることです。 次に大きな紙にカテゴリごとに、先ほどの付箋紙をはっていきます。つまり、大きな紙は、ホームページでいうページ、付箋紙が1コンテンツになるわけです。 あとは、どの大きな紙同士が結びつくか考えます。それがリンクになります。 最初からパソコンを使わずに、紙と鉛筆を使ったほうが、頭の中が整理されやすいと思います。

非ウェブデザイナーが自社/商用サイトを作るときのポイント [Cool Web Window]より引用

投稿日:2009年3月18日 | 編集

トラックバック歓迎です。以下URLにて登録をお願いいたします。

このエントリーのトラックバックURL:

↓↓↓トラックバックしてくださった方々↓↓↓
※トラックバックされても管理人がスパムと判断したものは公開されません。

top

ホームページ作成に役立つコーナー

2018:01:07:09:29:36